珍獣日記
雨の日
雨の日は
あなたの姿をおもいだします
目をとじて描いた
にせものの記憶だけれど

傘はいらない
やわらかな春の雨を
抱きとめてほほえむ
あなたの姿と

うまれたての緑に弾む
あすふぁるとを撫でる
生あるものもないものも
あいする雨の歌声を

おもいだしながら今日も
乾いた窓を眺めています
紫陽花に会えるまではと
言い訳しながら
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/62-a746cdba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)