珍獣日記
桜満月
満月が花見に来ている。
夜明けの桜ほどきれいなものはない。
まちこがれた春。

つい先日までつめたい色をしていた空が、甘い声で呼んでいる。
あれの腕のなかは、とろけるようにあたたかいだろう。

ももいろに染まってゆく大地を愛でる。
あらゆる生き物やそうでないものを、ゆったりと見守る。

そのようなものになりたい。
せめてそのような人でいられたら。

花を月を今は、見上げるばかりだけど、
あらゆるものを、恋しく見上げるばかりだけど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/6-c2f0558f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)