珍獣日記
あっちのほうでなんとなく
咲いて散った花のかわりに

もたれた壁のむこうで
星の光のような
小鳥の囀りを見つけました
やっと春に会えました

最期まで扉はあけておきます
どんなに凍える雨の日も
荒れた風の日も

それで息がとまってもいいから
それまでのあいだは
こうしてあなたのそばで
わたしは鳴きたいです


今日はおもいました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/42-ec48955c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)