珍獣日記
三月
きみが三月と呟けば
冷えた雨さえアメのよう
世界中がいとしい
ゆるむ空色が恋しい

きみが三月と呟けば
春の姿を見なくとも
眠るように花を思う
夢のなかにとけそう

きみが三月と呟けば
こころ遠く羽ばたいて
前も後ろも手放して

だから
きみが三月と呟くから
きみが三月と呟くから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/40-6ab9d8a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)