珍獣日記
冬の記憶
オレンジの太陽が雲に包まれて泣いていました。
まっしろな涙が花びらのようにいつまでも降っていました。
うれしいのかかなしいのかさみしいのかわからない。
ことばよりさきにこころばかりあふれてしまうのです。
夜がお片付けをすることはわかっているけれど。
深く息をするように、泣いていたのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/37-b2f5a578
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)