珍獣日記
恋文
春は薄紅の髪飾り

夏は柳の恋ほたる

鈴の音ふるえる秋茜

届く便りに巡りゆく

千の景色に手を重ね

柔らかな君の声を聞く

愛しさ束ねて筆をとり

私も風の葉に結ぶの



せめて夢で会いたくて

ひとり夜空を見上げれば

枝に凛と咲く月あかり

ともに彼方を想う冬
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/142-1d03965c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)