珍獣日記
夕暮れ
凪いだ空のむこうへ
こぼれおちた太陽
いま
今日がおわったよと
そこいらで一番高い樹の
一番高い枝のさき
毅然と幕をひくように
小鳥の声が飛んでゆく
夜は来るでしょう
明日も冬も未来も
ため息は次の光に
預けてしまえばいい
おおきな時間のなかで
そのようなものでありたい
遠くはてしない空とともに
あなたのそばにいたい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/132-bd52d6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)