珍獣日記
夏のあと
雨に背を打たれて
ひとり耐えるひまわり
振り向く人もない
中庭の花壇で
倒れる先はきっと
冷たいコンクリート
ビニルの袋に詰められて
遠くへゆくのでしょう
生きた時間は
しあわせでしたか
多くの小さな手が
愛してくれたでしょうか
思ううちに雨は
止んでしまったけれど
うつむいたままのひまわり
さよなら夏
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/130-34ec0ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)