珍獣日記
7月14日
もしもちがうからだだったなら
あおくひかるあの太陽を
見ることはできなかったでしょう
ひとりきりの静けさも
わたしだけのもの
いたいとふるえるこころも
わたしだけのもの
たぶんだれの手もいらない
汚してしまうから
ここで枯れ落ちて風になる
そのときを待ってる
スポンサーサイト

コメント
うーん
そっかぁ……

もしも違う身体だったら、真っ暗闇の世界だけが自分の世界だったかもしれない。

そんな視点は今までなかったなあ

色々考えてしまう、少し切ない詩です
[2015/08/25 20:38] URL | 酒さん #- [ 編集 ]

Re: うーん
他の生き物の目は、必ずしも人と同じ色彩が映っているわけではないそうです。
太陽は、あおいなあと、感じるときがあってもいいかな、と時々思います^^
[2015/09/02 18:04] URL | shaman #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/122-e36d85a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)