珍獣日記
7月10日
図書館の駐車場からエントランスまで
緑がたくさん植えられていて
湿度の高い緑の海を
泳ぐようにゆったりと歩く

いきるもしぬもなきがらも
ヒトの手に握られていても
悲壮感の欠片さえない
つややかな葉のひとつひとつに

ごめんと言うのも違う気がして
だけど誰のためでもないから
帰る道もやっぱり
ただゆったりと歩く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://fgardenblog.blog.fc2.com/tb.php/120-fae0d354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)