珍獣日記
朝起きて
洗って掃除して洗って掃除して
あのこにごはん
このこにごはん
小さいのから
けっこう大きいのまで
おなかをすかせた子を連れてきたら
そのこにも
だってかわいい
みんなかわいいの
困ったこともなくはないけど
おかげさまでぼろぼろだけど
生きてる甲斐があるわ

自分らしきものの名前をさげて
目が合うとわらう
晴れ時々おしゃべり
雪が降っただの豆腐がうまいだの
なかみは実は何だっていい
猫の手だけどよかったら使って
にくきゅうぷにぷにしてよ
あなたのすきなわたしの輪郭は
星とつないだ赤い糸だと
おもうようなおもわないような

たぶんくだらないとよばれることに
いちいち夢中になって
それでだめだと言われる理由に
うなづくことができないうちは
走って転んでがらわらってる
よぞらの底で泣いてる

そうやって同じようにくりかえす
毎日とか毎日
ありがとう
生まれてきてよかった
そういうふうにきっと
みえると思うしそうだと思う

今日もだいすきなあなたへ
おやすみなさい

スポンサーサイト