珍獣日記
雨の音で目覚めた朝は
ちょっとしあわせ

まあるいワルツ
踊るような歌声
おはようとことばにするのも
なんだか惜しい

海を町を旅してきたの
おひさまの光に抱かれて
かわいいあの花に会いたくて
あなたに聞いてほしくて

雨の音はおしゃべり
うんうんと頷きながら
とけかけた氷が
ゆれるアイスコーヒー

夏がもうすぐそこで
出番を待っている

スポンサーサイト
月は綺麗じゃない
闇ゆえの光
花は命
鳥は
去り行く風は
あなたのためにあるものなど
なにひとつない世界で
綺麗と呟く
あなたが 綺麗