珍獣日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴあの
体育館のピアノはカバーをかぶっていて、カバーはほこりをかぶっていました。
薄暗い舞台の端で黙ったまま、じっと耐えているようでした。

手は、ここにあるのに。
さわっちゃいけないんだってさ。
ゴメン。

あなたの時間、わたしの時間。
何度もすれ違うだけの、交わらない線。

「がんばってね」
背中をぽん、と叩くように。
ざらついたカバーは冷たかったけれど。

喝采を浴びることだけが、喜びじゃない。
満たされ続けることは、幸せじゃない。

理屈だけならいくらでも並べられるから。
あとはわたしがいっしょに泣いてあげる。

がんばってね。
胸のなかでこだまする。

みんないっしょに、今日もひとりで、歩く。

スポンサーサイト
かかし
はるのさんぽみちは
きいろい花であふれていて
ただうれしくてしかたない
まるでボールをおいかけて走ってゆく
あの子のようです
はなむぐり みつばち
そよかぜ ひだまり
なんだってよかったはずなのに
ぼろのすきまから
ざわめきを聞いている


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。