珍獣日記
波音
白くてやわらかい砂浜
くつをそっと浮かべて
ひとつずつ歩くと

しゃりん
しゃりん

波の音が追いかけてくる

合わさったままの貝殻
花みたいに乾いた藻
きらきらひかる小石を

ひろっては眺め
立ち止まり
ひろっては眺め
ポケットへ

ゆっくり探しているのに
どうして

どうしていつまでも
追いついてくれないの


スポンサーサイト
タンポポ
霜の降りた野草は
氷細工のようで

いたずら心のままに
爪先をあてると

思いのほかやわらかく
きらきらとしなった

薄い皮膚のなかは
きっとあたたかいのだ

頬が濡れるのと
同じように