珍獣日記
弥生
まだつぼみ
砕ける雨粒
さみしかろ
わずかな灯り
咲けば散るのに
スポンサーサイト
トケイ
青くてちいさな時計を買った
安くて軽くておもちゃのような
ちゃんと普通に動いているのと
ついつい心配するような

それでも気付けばこぼれおちてくる
かちかちかわいい鼓動が響く
わたしのしらないあいだにひとりで
うたをうたってわらってる

とけるように過ぎていく日々も
この子がこうして音をたてながら
崩れていくならいいかもなって

青くてちいさな壁時計
羽をもたないわたしのことり
ずっとずっとそばにいて

今日
星のない夜空を
何の色だろうと
不思議そうに見上げる
満月に似た頬を
月か饅頭か何にせよ
微笑まずにはいられない
何もない日を
今日というだけの日を
朝起きて
洗って掃除して洗って掃除して
あのこにごはん
このこにごはん
小さいのから
けっこう大きいのまで
おなかをすかせた子を連れてきたら
そのこにも
だってかわいい
みんなかわいいの
困ったこともなくはないけど
おかげさまでぼろぼろだけど
生きてる甲斐があるわ

自分らしきものの名前をさげて
目が合うとわらう
晴れ時々おしゃべり
雪が降っただの豆腐がうまいだの
なかみは実は何だっていい
猫の手だけどよかったら使って
にくきゅうぷにぷにしてよ
あなたのすきなわたしの輪郭は
星とつないだ赤い糸だと
おもうようなおもわないような

たぶんくだらないとよばれることに
いちいち夢中になって
それでだめだと言われる理由に
うなづくことができないうちは
走って転んでがらわらってる
よぞらの底で泣いてる

そうやって同じようにくりかえす
毎日とか毎日
ありがとう
生まれてきてよかった
そういうふうにきっと
みえると思うしそうだと思う

今日もだいすきなあなたへ
おやすみなさい

体よくなりました。ごはんがおいしいですって笑ったら、まるで花束を抱き寄せたみたいにきらきらの笑顔で、「よかったわねぇ」って。

ひとのことなのに、なんて可愛い笑顔なんだろうって、思わず見とれて。

胸があったかくてふわふわで、しあわせで泣いてしまいそうだった。

だからね、そうなんだよね。

朝からツイてなくたって、だれかに優しくなんかされなくたって、そんなの覚えてなくていい、最初に笑えばいい。

これっぽっちのことだけど、繋がって繋がって、あなたまで届け、届け、届け。